アパートを借りる時にかかかるお金

Rental days

賃貸アパートを借りる時にかかかるお金

アパートを借りる時にかかかるお金 賃貸住宅を借りる時には当然お金がかかりますが、初めて賃貸アパートを借りるにはどれくらいのお金を用意したらいいでしょうか。
まず、そもそも賃貸アパートの家賃がどれくらいかによってどれくらいの費用がかかるかが決まってきます。
ここでは、都内の2LDKの賃貸アパートを想定して見ましょう。
まず、家賃が12万円になるとします。
通常賃貸住宅を借りる場合には家賃の2ヶ月分を支払います。
また、敷金と礼金もそれぞれ1ヶ月分支払います。
もし、ペット可能なアパートであれば敷金が2ヶ月分と言うことがあります。
不動産会社に支払う仲介手数料も忘れてはいけません。
これまででおよそ60万円になります。
それ以外にも火災保険料2年分とカギ代などを支払うと72万円ほどになります。さらに毎月家賃以外で共益費や駐車場代を支払わなければならなくなります。
都内の場合だと2万円から3万円ぐらいするのが普通になります。これでおよそ80万円の費用がかかります。
一方、地方の場合は同じ2LDKでも7万円前後の家賃で借りることが出来ます。もし、初期費用の合計を考えると42万円程度になるでしょう。このように住んでいる場所でも家賃は大きく異なります。場所を考えて住みましょう。

賃貸アパートの家賃交渉は可能か

賃貸アパートを借りる時には借主としては一番ネックになるのが家賃です。
家賃は毎月支払わなければならず、しかも更新月には更新料と火災保険の更新料まで支払わなければなりません。
このような負担を考えると毎月1000円でも2000円でもいいので家賃を下げてもらいたいと思うのではないでしょうか。
では、賃貸アパートの家賃の交渉はすることが出来るのでしょうか。
この点、家賃は最初から決められており、交渉したことで家賃が安くなるとすればその部屋だけでなく全部の部屋を安くしなければならなくなるので、例外なく家賃を引き下げることは出来ないとする意見があります。
住人の間はつながっていることがあるので、1人が家賃を下げてもらえば他の人から家賃を下げて欲しいと言われたら大家さんとしても下げざるを得ません。
ですが、実は交渉次第では家賃を下げることが可能になります。
もちろん、だからといっていついかなる時でも家賃を下げてくれるかというとそのようなことはありません。
もし、家賃を下げる交渉をするなら更新月前ぐらいにするのがいいでしょう。
なぜなら更新月には退去する人が増え家賃収入が下がるからです。
大家さんにとって弱い立場の月が更新月なのです。

オススメの賃貸アパート掲載サイト

世田谷区にある様々な条件に合った賃貸アパートを掲載しています。

世田谷区 賃貸アパート